お気に入りに登録

【連載】不安定な血糖値はこうしてコントロール!

最新治療薬ガイド【ビグアナイド薬】

解説 松田昌文

埼玉医科大学総合医療センター 内分泌・糖尿病内科 教授

Medicine jozai


ビグアナイド薬

ビグアナイド薬

ビグアナイド薬の作用のしくみ

ビグアナイド薬は、おもに肝臓に作用して糖新生を抑え、筋肉や脂肪細胞など末梢組織でのインスリン感受性を改善します。また、消化管からの糖の吸収を抑制し、膵β細胞を介さずに血糖を降下させます。

メトホルミンとブホルミンがあり、一般的にはメトホルミンが多く使用されています。メトホルミン単独の使用では低血糖はほとんどみられません。

ビグアナイド薬の適応と禁忌

適応

  1. 2型糖尿病 体重増加がないので、過体重・肥満の患者さんに対する第一選択
  2. 食事療法や運動療法での血糖コントロールが不十分、またはこれらにSU薬による薬物療法を加えても改善がみられない患者さんに対し併用
>> 続きを読む
ページトップへ