お気に入りに登録

【連載】不安定な血糖値はこうしてコントロール!

【感染症】血糖コントロールの実践方法

解説 松田昌文

埼玉医科大学総合医療センター 内分泌・糖尿病内科 教授

Icon


ケアのポイント

  1. 糖尿病の有無にかかわらず高血糖になる
  2. 糖尿病は易感染状態になる
  3. 強化インスリン療法によるコントロールを行う
  4. 持効型溶解インスリンの使い方がポイント
  5. スケールを使用する場合も血糖測定が重要になる
  6. 退院後のコントロールにも配慮する

どんな異常が起こる?

感染症になると、炎症性サイトカインやストレスホルモンが増加し、それによって血糖が上昇し高血糖状態になります。

炎症性サイトカインにはTNF-α(腫瘍壊死因子)があり、これは末梢でのインスリン抵抗性を増加させ、膵β細胞でのインスリンの分泌を低下させます。さらに炎症性サイトカインは、インスリン拮抗ホルモンの分泌を上昇させます。

また、ストレスホルモンであるコルチゾールは肝臓における糖新生を促進し、末梢でのインスリン抵抗性を増加させ、グルカゴンを上昇させます。

>> 続きを読む
ページトップへ