お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】甲状腺機能亢進症の症状はどれか。

Kango

【疾病】甲状腺機能亢進症の症状はどれか。

  1. 眉弓部の膨隆

  2. 眼瞼下垂

  3. テタニー

  4. 動悸

  5. 便秘

―――以下解答―――









(解答)4 

<解説>

1.(×)眉弓部の膨隆は、末端肥大症(成長ホルモンの過剰分泌による)の症状である。

2.(×)眼瞼下垂は、重症筋無力症などの症状である。

3.(×)テタニーとは、副甲状腺の機能が低下し、血中のカルシウム濃度が減少して、筋肉のけいれんがおこることをいう。

4.(○)甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると、交感神経が刺激されて頻脈や動悸が起こる。

5.(×)便秘は甲状腺機能低下症(粘液水腫など)の症状である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ