お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】Aさん(57歳、女性)は、子宮体癌のため子宮全摘術を受けた。離床が十分に進まず、術後2日に初めて歩行を試みようとベッドから降りたところ、突然、呼吸困難を訴えてうずくまった。まず疑うべき疾患はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

Aさん(57歳、女性)は、子宮体癌のため子宮全摘術を受けた。離床が十分に進まず、術後2日に初めて歩行を試みようとベッドから降りたところ、突然、呼吸困難を訴えてうずくまった。まず疑うべき疾患はどれか。

1.自然気胸

2.肺栓塞症

3.肋間神経痛

4.解離性大動脈瘤

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)自然気胸は突然の呼吸困難が特徴だが、子宮全摘術後に起こりやすい疾患ではない。

2.(○)歩行がきっかけになって呼吸困難を訴えたところから、下肢静脈血栓症による肺塞栓症が考えられる。 

3.(×)肋間神経痛とは、突発的に生ずる肋骨の走行に沿ったつきさすような痛みで、呼吸困難は伴わない。 

4.(×)解離性動脈瘤は、動脈硬化がベースにあった上で、移動性の胸痛が出現するのが特徴である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策