お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】経管栄養法における経鼻チューブ挿入で適切なのはどれか。

【基礎】経管栄養法における経鼻チューブ挿入で適切なのはどれか。

  1. 挿入時はファウラー位にする

  2. 咽頭部よりも先へ挿入する際は頸部後屈位にする

  3. 嚥下運動よりも速い速度で挿入する

  4. 胃内への挿入を少量の栄養物を注入して確認する

―――以下解答―――









(解答)1 

<解説>

1.(○)経鼻チューブを挿入するときは、チューブがスムーズに挿入できるように座位またはファウラー位とする。

2.(×)頸部後屈位にすると、チューブが気管に入りやすくなり、危険である。

3.(×)チューブが咽頭部を通過したら、嚥下運動にあわせてチューブを挿入する。

4.(×)胃内へチューブが入ったかどうかを確認するには、気泡音を聴取するか、吸引により胃内容物が逆流するかどうかを確認する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ