お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】呼吸性アシドーシスをきたすのはどれか。

関連記事
アシドーシスとアルカローシスの基礎知識
覚えておきたい酸素療法のキホン

【疾病】呼吸性アシドーシスをきたすのはどれか。

  1. 飢餓

  2. 過換気

  3. 敗血症

  4. CO2ナルコーシス

  5. 乳酸アシドーシス

―――以下解答―――









(解答)4 

<解説>

1.(×)脂肪の分解が進み、ケトン体が産生され、代謝性アシドーシスになる。

2.(×)酸素の取り込み過剰で呼吸性アルカローシスになる。

3.(×)血液のpHへの影響はない。

4.(○)CO2の蓄積によって呼吸性アシドーシスになる。

5.(×)乳酸の蓄積によって代謝性アシドーシスになる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ