お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】タッチングで正しいのはどれか。

協力 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】タッチングで正しいのはどれか。

  1. 看護者の身体を道具として用いる

  2. 対象者との非意図的な接触である

  3. 感情よりも認知に作用しやすい

  4. 身体的な安楽を図る効果はない

―――以下解答―――









(解答)1 

<解説>

1.(○)タッチングとは手を握る、さする、なでるなどの身体的接触であり、非言語的コミュニケーションのひとつである。

2.(×)タッチングは援助を目的として用いられるものであり、看護の場で広く用いられている。

3.(×)タッチングは、不安や緊張を和らげるなど、感情面への効果が高いといわれる。

4.(×)タッチングは不安や緊張をやわらげ、精神的な安楽をはかるとともに、身体的な緊張を和らげ、安楽をはかることもできる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ