お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】開胸手術後の胸腔ドレナージの管理で正しいのはどれか。

Kango

【基礎】開胸手術後の胸腔ドレナージの管理で正しいのはどれか。

  1. 水封室には滅菌精製水を入れる。

  2. 吸引圧は20cmH20以上とする。

  3. 水封室水面が動かないことを確認する。

  4. 排液ボトル内の水面はチュ一ブ挿入部と同じ高さに保つ。

―――以下解答―――









(解答)1 

<解説>

1.(○)水封室は、排気・排液が逆流するのを防ぐために水を通しているので、滅菌精製水が望ましい。

2.(×)吸引圧は、10~15cmH2Oが適当とされているので、吸引圧が高すぎると先端がついて穿孔などにより出血を誘発する。

3.(×)水封室の水面を観察することは、エアーリークの観察にもなるので必要であるが、呼吸状況、体動によっても変動があるので、周囲の状況も含めた観察が必要である。

4.(×)胸腔ドレナージでは、胸腔内圧はわずかに陰圧に保たれていて、排液の水面がドレーン挿入部と同じ高さでは、陰圧が保たれにくくなり、吸引圧が低くなると持続吸引ができずに逆流の可能性も出てくる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策