お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】腹部の触診で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】腹部の触診で適切なのはどれか。

1.聴診の前に実施する。

2.仰臥位で膝を伸展させる。

3.深いところから徐々に浅く触れる。

4.疼痛のある部位は最後に触れる。

―――以下解答―――










(解答)4 

<解説>

1.(×)腸管運動の状態を把握するための影響を受けることを避けるため、視診→聴診→打診→触診へと進める。

2.(×)腹直筋の緊張緩和のため仰臥位で膝を屈曲させる。

3.(×)浅いところから徐々に腹部に沈めていく。無痛域から触診を始める。

4.(○)

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ