お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】個別指導と比較したグループワークを用いた指導の利点はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】個別指導と比較したグループワークを用いた指導の利点はどれか。

1.参加者個々への助言がしやすい。

  1. 参加者の持つ体験を活用しやすい。

  2. 参加者との深い関係をつくりやすい。

  3. 参加者の目標達成度を評価しやすい。

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)グループワークでは全員に共通する助言はしやすいが、個別性のある指導やプライバシーにかかわる個人的な助言はしにくい。

2.(○)グループワークでは参加者が体験を共有しやすく、お互いによい影響を及ぼしやすい一方、傷つけ合うなど望ましくない影響が発生することもある。

3.(×)グループワークでは参加者相互の交流や意見交換が中心に行われるため、看護師が参加者個々と深く関わることは難しい。

4.(×)グループワークは複数の参加者によって行われるため、参加者一人ひとりの目標達成度は評価しにくい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ