お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】心電図モニターの管理で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】心電図モニターの管理で適切なのはどれか。

  1. 電極はかぶれ予防シールの上に装着する。

  2. 双極誘導法では電極は3か所に装着する。

3.モニター類は仰臥位を保持する。

  1. 交流波形が出た時は力を抜くように促す。

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)心電図モニターの電極は、皮膚と密着させ、電気抵抗を防ぐ必要がある。

2.(○)双極誘導法は陽極(+)、陰極(-)、アースの計3か所の電極を装着する。

3.(×)12誘導では、吸盤式の電極を使用するため仰臥位を保持するが、心電図モニターでは貼付式の電極を用いるために、特定の体位をとる必要はない。

4.(×)交流波形は、周辺の電気機器から別の電気が混入している場合にみられる。この場合、アース電極が正しく装着されているか、また他のME機器のアースが確実に設置されているか確認する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策