【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】身体の計測値とその評価目的の組合せで正しいのはどれか。

【基礎】身体の計測値とその評価目的の組合せで正しいのはどれか。

  1. 身長 -- 脳の発育

  2. 体重 -- 栄養状態

  3. 腹囲 -- 内臓の発育

  4. 座高 -- 筋肉の機能

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)身長は成長ホルモンが関係していて、内分泌・代謝系の影響を受け筋骨の発育をみる。

2.(○)体重は栄養状態の評価の指標の一つで、それだけで栄養状態を知ることは出来ない。

3.(×)腹囲は国の特定健診では、メタボリックシンドロームの内臓脂肪型の肥満を発見する目的で使用されている。

4.(×)座高は学校保健法で定められているがその目的は明文化されていない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ