お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】クリティカルシンキングで適切でないのはどれか。

Kango

【基礎】クリティカルシンキングで適切でないのはどれか。

  1. 看護過程のどの段階においても有効である。

  2. 物事を否定的にみる思考過程である。

  3. 問題解決的アプローチを可能にする。

  4. 看護研究に応用できる。

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)クリティカルシンキングは事実と推論の区別やその根拠を吟味することができ、看護過程のどの段階においても有効である。

2.(○)クリティカルシンキングは物事を否定的にみるのではなく、むしろ自分の思考過程を批判的に論理的・多面的に検討することができる。

3.(×)クリティカルシンキングは問題に対する論理的な推論に役立ち、問題解決アプローチを可能にする。

4.(×)クリティカルシンキングは問題や目的、結果の妥当性などを検討するのに役立ち看護研究に応用できる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ