お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】我が国の看護職員の確保対策で正しいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】我が国の看護職員の確保対策で正しいのはどれか。

  1. 保健師助産師看護師法に規定されている。

  2. 都道府県の看護協会が法的責任をもつ。

  3. 都道府県ごとにナースセンターを置く。

4.公共職業安定所が一切の業務を行う。

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)保健師助産師看護師法は業務、免許、試験等について規定されたものであり、看護職員の確保対策として制定されたものではない。

2.(×)都道府県の看護協会は、職業紹介を行うナースバンク事業を運営しているが、法的な責任を負っているわけではない。

3.(○)「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づきナースセンターが設置された。ナースセンターは都道府県ナースセンターと中央ナースセンターがある。

4.(×)看護師の無料職業紹介事業は、都道府県ナースセンターと公共職業安定所が連携して行っている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ