お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】外来診察における看護師の対応で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】外来診察における看護師の対応で適切なのはどれか。

  1. 診察室に患者が入室したら姓で確認する。

  2. 身体診査時は脱衣介助後に診察室を退出する。

  3. 患者が問題を医師に伝えられるように援助する。

  4. 診察時間中は1時間ごとを目安に手洗いをする。

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)患者の取り違いを防ぐためにも、患者確認はフルネームで行う必要がある。

2.(×)診察時の看護師の役割は、環境整備や診察の補助、心理的援助などである。

3.(○)看護師は患者の不安や緊張を緩和し、訴えや疑問を十分表現できるように援助する必要がある。

4.(×)手洗いは1時間ごとではなく、血液、体液、分泌物、排泄物等を扱ったり、感染の危険性があったりする場合はその都度行う。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ