お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】発生する粒子が最も小さいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

関連記事
第11回 酸素とネブライザーの取り扱いのポイント

【基礎】発生する粒子が最も小さいのはどれか。

  1. ジェットネブライザー

2.超音波ネブライザー

  1. 定量式携帯吸入器

  2. 蒸気吸入器

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)ジェットネブライザーではエアゾール粒子が5~15μmになる。蒸留水を気化しての加湿や薬液噴霧を目的とする。

2.(○)超音波ネブライザーは、薬液に超音波をあてて0.5~5μmの粒子にエアゾール化し、細気管支・肺胞レベルに到達させることを目的とする。

3.(×)定量式携帯吸入器とは、ステロイドホルモンの吸入や喘息発作時に気管支を拡張させる目的で行う。

4.(×)蒸留吸入器は、薬液と蒸気を咽頭・喉頭に作用させるのが目的だが、最近はあまり用いられていない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策