お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】看護師の判断で決定できるものはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】看護師の判断で決定できるものはどれか。

  1. 点滴静脈内注射の輸液量

  2. 糖尿病食のエネルギー量

  3. 体位変換の回数と時間帯

  4. 他動運動装置での運動回数

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)点滴静脈内注射の輸液量の決定は医業である。

2.(×)糖尿病食のエネルギー量の決定は医業である。

3.(○)体位変換の回数と時間帯は看護業務の範囲である。

4.(×)他動運動装置での運動回数の決定は運動療法という治療の一環であるため、医業である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ