お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】世界保健機構(WHO)のヘルスプロモーションの考え方で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】世界保健機構(WHO)のヘルスプロモーションの考え方で適切なのはどれか。

  1. プライマリーヘルスケアとは相反する。

2.専門職による健康教育が主軸になる。

  1. 人々が自らの健康をコントロールする。

4.三次医療体制の強化を目指し準備する。

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)プリマリーヘルスケアとは基本的なレベルの医療であり、健康増進、疾病予防、外来診療等による継続的医療サービスなどが含まれる。ヘルスプロモーションはこのプライマリーヘルスケアの概念を引き継いだものである。

2.(×)ヘルスプロモーションの主体は人々にあり、医師や看護師は人々が自分の力で健康や幸せを手に入れるための支援的な役割を担う。

3.(○)ヘルスプロモーションは「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセス」と定義されている。

4.(×)三次医療体制は高度・特殊な医療を必要とする医療体制であるため、その強化はヘルスプロモーションの考え方とはかけ離れている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策