お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】尿失禁とその原因の組合せで正しいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】尿失禁とその原因の組合せで正しいのはどれか。

  1. 機能性尿失禁ー膀胱容量の減少

  2. 反射性尿失禁ー脊髄障害

  3. 切迫性尿失禁ー膀胱の過伸展

  4. 真性尿失禁 ー内分泌障害

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)機能性尿失禁とは、排尿機能には問題はないが、ADLが低下しているためにトイレに間に合わず失禁してしまうことをいう。

2.(○)反射性尿失禁とは、膀胱に尿がたまると排尿をこらえることができず、反射的に排尿してしまうことをいう。脊髄損傷などでみられる。

3.(×)切迫性尿失禁とは、膀胱が過敏なために、少量の尿の貯留で強い尿意を感じ、失禁してしまうものをいう。

4.(×)真性尿失禁とは、括約筋の損傷などによって膀胱に尿が蓄えられなくなり、尿道から常に尿が漏れ出る状態をさす。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策