お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】65歳の男性のAさんは上部消化管の内視鏡検査を受ける際、抗コリン薬を投与された。看護師がAさんに行う説明で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】65歳の男性のAさんは上部消化管の内視鏡検査を受ける際、抗コリン薬を投与された。看護師がAさんに行う説明で適切なのはどれか。

  1. 検査直後から自動車を運転して帰宅できる。

2.検査終了後の半日は飲食を禁止する。

  1. 排尿困難を生じる可能性がある。

  2. 腹痛が強くても下血がなければ様子をみる。

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)抗コリン薬の副作用に眠気があるので、自動車の運動は避けた方がよい。

2.(×)上部消化管内視鏡検査では咽頭麻酔を行うため、検査後に誤嚥を起こす可能性がある。患者には検査後1~2時間後に少量の水を嚥下してもらい、問題なければ飲食が可能となる。

3.(○)抗コリン薬は副交感神経を抑制する作用があるため、排尿困難が出現する可能性がある。

4.(×)腹痛が強い場合は、内視鏡による胃粘膜の損傷やその他の原因を考え、受診する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策