お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】貧血がなく、体温36.5℃、血液pH7.4の場合、動脈血酸素飽和度(SaO2)90%のときの動脈血酸素分圧(paO2)はどれか。

Kango

【基礎】貧血がなく、体温36.5℃、血液pH7.4の場合、動脈血酸素飽和度(SaO2)90%のときの動脈血酸素分圧(paO2)はどれか。

  1. 50Torr

  2. 60Torr

  3. 70Torr

  4. 80Torr

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

2.(○)動脈血酸素分圧(動脈血中の酸素の量)が60Torrのとき、動脈血酸素飽和度(ヘモグロビンに占める酸化ヘモグロビンの割合)が約90%となる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策