お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】立位の保持が可能な患者にグリセリン浣腸120mlを実施することになった。正しいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】立位の保持が可能な患者にグリセリン浣腸120mlを実施することになった。正しいのはどれか。

  1. 浣腸液の温度は32℃である

  2. 体位は立位前屈をとる

  3. カテーテルの挿入の深さは12~15cmである

  4. 注入時は口呼吸を指示する

  5. 注入は15秒以内で行う

―――以下解答―――









(解答)4 

<解説>

1.(×)浣腸液の温度は40~41℃にする。 

2.(×)体位は左側臥位にする。 

3.(×)カテーテル挿入の深さは6~10cmにする。

4.(○)注入時は口呼吸を指示する。 

5.(×)注入は約1分かけて徐々に行う。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ