お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】理解力に問題のない入院中の成人患者を対象にした看護研究を行うこととした。倫理的配慮で適切なのはどれか。2つ選べ。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】理解力に問題のない入院中の成人患者を対象にした看護研究を行うこととした。倫理的配慮で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.研究参加の同意は後で撤回できることを患者に説明する

  1. 患者が自室に不在の場合、研究参加の同意は家族から得る

  2. 発表用のデータには患者の実名を記載する

4.個人情報が含まれた研究の書類は施錠できる場所に保管する

  1. 研究が終了したとき、研究者の守備義務は免除される

―――以下解答―――









(解答)1,4 

<解説>

1.(○)研究参加の同意は、研究のどの段階でも撤回が可能であり、患者に説明する義務がある。 

2.(×)患者の理解力に問題はないため、患者自身から同意を得る。

3.(×)発表用のデータは、患者が特定されないように配慮する。 

4.(○)個人情報は施錠できる場所で管理する。

5.(×)研究終了後も研究者の守秘義務は継続される。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策