お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【基礎】静脈血採血の部位として選択してよいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【基礎】静脈血採血の部位として選択してよいのはどれか。

1.左鎖骨下静脈から中心静脈栄養を実施している人の左上肢

  1. 右乳房切除術でリンパ節郭清をした人の右上肢

  2. 左上肢に透析シャントがある人の左上肢

  3. 右手背で輸液している人の右上肢

―――以下解答―――









(解答)1 

<解説>

1.(○)左鎖骨下静脈からの中心静脈栄養は、心臓・動脈を介して全身に運ばれる。

2.(×)左上肢の静脈から採血しても影響はない。上肢にリンパ液が貯留しやすく、皮膚が脆弱になっているため、患側上肢での採血は行わない。

3.(×)シャント肢には負担をかけないのが原則であり、採血も禁止である。

4.(×)右上肢を駆血することで、右手背の輸液の逆流が起こる危険性がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ