お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【在宅】80歳の女性。自宅で療養中。ADLはほぼ自立しているが,動作に時間がかかり,時々尿を漏らしてしまう。「トイレに行きたいが,廊下を汚してしまう」と言う。指導で最も適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【在宅】80歳の女性。自宅で療養中。ADLはほぼ自立しているが,動作に時間がかかり,時々尿を漏らしてしまう。「トイレに行きたいが,廊下を汚してしまう」と言う。指導で最も適切なのはどれか。

  1. トイレの改造を勧める

  2. 飲水を控えるよう勧める。

  3. 膀胱留置カテーテルを勧める

  4. 尿とりパッドの使用を勧める。

―――以下解答―――









(解答)4 

<解説>

1.(×)ADLはほぼ自立しているのでトイレ改造の必要はない。

2.(×)高齢者は脱水を引き超しやすいので飲水を控えてはならない。

3.(×)膀胱留置カテーテルやおむつの使用は、治療機会の喪失、QOLの低下、寝たきり状態の誘発につながるため慎重に適用する。

4.(○)有効な指導である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ