お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【在宅】ターミナル期にある療養者の家族に対する予期的悲嘆への援助で適切なのはどれか。

【在宅】ターミナル期にある療養者の家族に対する予期的悲嘆への援助で適切なのはどれか。

  1. 混乱している時は積極的に励ます。

  2. 予想される身体的変化は説明しない。

  3. 感情を表出することがよいと伝える。

  4. 最後の別れには触れないようにする。

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)混乱しているときは、家族の不安を十分に受け止める。

2.(×)突然の症状悪化に対して家族がパニックにならないように、予想される身体的変化についてあらかじめ家族に知らせる。

3.(○)家族の死を目前にして、不安になることは当然であると説明し、家族の思いや感情を表出させる。

4.(×)家族が療養者の死と向き合い、充実した看取りができるように死の準備教育を行う。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ