お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【在宅】在宅酸素療法中(1L/分)の1人暮らしの高齢者が散歩を希望している。選択する機器で最も適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【在宅】在宅酸素療法中(1L/分)の1人暮らしの高齢者が散歩を希望している。選択する機器で最も適切なのはどれか。

1.液体酸素子容器

2.膜型酸素濃縮器

  1. 吸着型酸素濃縮器

  2. 携帯型酸素ボンベ

―――以下解答―――









(解答)4 

<解説>

1.(×)液体酸素小容器の親容器からからの充填は、高齢者の誰もができるわけではない。

2.(×)膜型酸素濃縮器は高分子膜を使って空気から酸素をとりだすことができる。とりだせる酸素の濃度は40%である。

3.(×)吸着型酸素濃縮器は、吸着器に空気中の窒素を吸着させて濃縮した酸素を作り出す。90%以上の濃縮酸素を得ることができる。

4.(○)携帯型酸素ボンベは外出時や酸素濃縮器の故障時や緊急時に向いている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策