お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【在宅】在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要な療養者とその家族。看護師の退院指導で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【在宅】在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要な療養者とその家族。看護師の退院指導で適切なのはどれか。

  1. 刺入部周囲の皮膚の観察は訪問看護師に限定する。

  2. 使用済の針は市町村の分別ゴミに出す。

  3. 輸液バッグ交換時は手洗いをする。

  4. 体温測定は隔日に行う

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)家族がカテーテルの異常に気付き、対応できるようにカテーテルの固定状況や液もれの有無、感染徴候について指導する

2.(×)使用済みの針は在宅医療廃棄物として市町村が指定する廃棄方法に従う。

3.(○)無菌操作を行うため、石けんで手を洗い、流水で洗浄し、速乾性消毒薬で消毒する。

4.(×)体温測定は毎日定時に行う。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策