お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2010年度(第99回)看護師国家試験 過去問題 午前92

Kango

【在宅】62歳の男性。58歳の妻と25歳の長男との3人暮らし。脳梗塞で左片麻痺があり、要介護3。言葉は不自由であるが意思疎通は図れる。現在、通所介護を週1回、病院のリハビリテーションを月2回、訪問看護を週1回利用している。通所介護では仲間との交流があり満足している。リハビリテーションでは主に立位保持と車椅子移乗練習を行っている。主な介護者は妻で介護を始めて2年になるが、健康状態は良好である。ケアプランの総合的な援助の方針は「安全で自立した生活を送る」である。 これまでは通所介護と自宅とで週1回ずつ入浴し、月に一度は息子も手伝っている。妻から「最近腰が痛くて、お風呂の介助が負担になってきました。どうしたらよいでしようか」と相談があった。 訪問看講師の対応で最も適切なのはどれか。

  1. 「入浴は通所介護だけにしましよう」

  2. 「ケアマネジャーと相談してみましよう」

  3. 「自宅での入浴は息子さんに任せましよう」

  4. 「地域包括支援セン夕一に相談しましよう」

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)自宅での息子との入浴は、家族との大切なコミュニケーションであり必要である。

2.(○)サービス提供のやり方は、ケアマネージャーが介在し、利用者と合意したケアプランに基づき、サービスが提供されなければならない。

3.(×)月に一度息子は手伝っている。これ以上の介助は負担になる可能性がある。

4.(×)地域支援包括センターは、総合的な在宅介護に関する相談や地域資源との連絡調整を行う。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ