お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2007年度(第96回)看護師国家試験 過去問題 午後38

Kango

【在宅】Aさん、46歳の男性。脳腫瘍で放射線治療を受け退院した。医師から本人と妻に余命半年であることが告げられた。Aさんは自宅で静かに最期を迎えたいと希望している。軽度の右片麻痺があり、トイレ歩行時は妻が介助している。日中はソファーに腰掛けて過ごすことが多い。訪問診療と訪問看護を利用している。Aさんは日中傾眠していることが多くなってきた。妻は「最期はどうなるのかしら。苦しむのでしょうか。今のうちにもう一度入院したほうがいいんじゃないかしら」と訪問看護師に相談した。

対応で最も適切なのはどれか。

1.Aさんに入院を勧める。

2.親類と話し合うことを勧める。

3.医師に最終決定してもらうことを提案する。

4.Aさんの予測される状態と対処方法を説明する。

Aさんは自宅で最期を迎えたいと希望しているが、妻は日中傾眠していることが多くなったAさんに不安を抱いている。妻が思い残すことなくAさんの看取りをできるように援助するには、Aさんの予測される状態や対処方法について妻にあらかじめ説明し、妻が心の準備をできるように支援することが大切である。

―――以下解答―――

(解答)4 

<解説>

Aさんは自宅で最期を迎えたいと希望しているが、妻は日中傾眠していることが多くなったAさんに不安を抱いている。妻が思い残すことなくAさんの看取りをできるように援助するには、Aさんの予測される状態や対処方法について妻にあらかじめ説明し、妻が心の準備をできるように支援することが大切である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策