お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【在宅】Aさん(80歳、男性)は、1人暮らしで以前から軽度の物忘れがある。かかりつけ医から「Aさんは便秘がちで改善しない状況が続いている。訪問してケアして欲しい」と訪問看護の依頼があった。訪問看護師が訪問したところ、腹部に便塊を触知し、腸蠕動音は微弱であった。訪問看護師の対応で優先度が高いのはどれか。

Kango

【在宅】Aさん(80歳、男性)は、1人暮らしで以前から軽度の物忘れがある。かかりつけ医から「Aさんは便秘がちで改善しない状況が続いている。訪問してケアして欲しい」と訪問看護の依頼があった。訪問看護師が訪問したところ、腹部に便塊を触知し、腸蠕動音は微弱であった。訪問看護師の対応で優先度が高いのはどれか。

1.腹部の温罨法を実施する

2.市販の緩下薬の服薬を勧める

3.排便チェック表の記入を指導する

4.ホームヘルパーに食事の準備を依頼する















―――以下解答―――

(解答)1 

<解説>

1.(○)腸蠕動を促進させる処置として温罨法は適切である。

2.(×)緩下剤は市販のものを用いるのではなく、主治医に相談する。 

3.(×)チェック表の記入は、軽度の物忘れのあるAさんには負担となる。

4.(×)現状は、排便への援助のほうが優先度が高い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策