お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【在宅】終末期の癌患者の在宅ケアで正しいのはどれか。2つ選べ。

Kango

【在宅】終末期の癌患者の在宅ケアで正しいのはどれか。2つ選べ。

1.家族の悲嘆のケアも含まれる

2.訪問看護は介護保険の適用である

3.夜間・休日を含めた連絡体制を整える

4.ADLが自立している患者は対象とならない

5.主治医は在宅療養支援診療所の医師に限られる















―――以下解答―――

(解答)1.3 

<解説>

1.(○)家族の予期悲嘆へのケアも含まれる。 

2.(×)終末期の癌患者の訪問看護は、医療保険の適用になる。 

3.(○)急変時に備えて夜間・休日を含めた連絡体制が必要になる。 

4.(×)ADLが自立している末期癌患者も訪問看護の適用になる。

5.(×)主治医の所属に制限はない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ