お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】顔面に広範囲のIII度熱傷を負った患者が搬送された。最も優先する処置はどれか。

Kango

【成人】顔面に広範囲のIII度熱傷を負った患者が搬送された。最も優先する処置はどれか。

1.疼痛の緩和

2.気道の確保

3.熱傷部位の局所療法

4.精神的ショックの緩和















―――以下解答―――

(解答) 2 

<解説>

1.(×)III度の熱傷では、真皮全層から皮下組織まで傷害され、末梢の知覚神経も傷害されるため、疼痛は感じない。そのため疼痛緩和の優先度は低くなる。

2.(○)顔面熱傷がある場合、気道熱傷を伴うことが多い。気道浮腫のために窒息することがあるため、挿管が必要になる。

3.(×)局所の冷却と壊死組織の除去が重要だが、気道確保のほうが優先度が高い。

4.(×)精神的ショックよりも生命の維持が優先される。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ