お気に入りに登録

【連載】カラダ・ココロの悩み相談室

睡眠薬を使わず、ぐっすり眠りたい

解説 土井 ひろこ

はり師 きゅう師

ストレスフルな職業である看護師。
多くの看護師がカラダ・ココロの悩みを抱えています。

カラダ・ココロにやさしい東洋医学で、悩みを改善してみませんか。
よくある悩みをもとに、簡単にできる改善方法を提案します。


Aさん(20代 女性 病棟勤務)の悩み

仕事で疲れているのに、入眠後3時間前後で覚醒してしまい、そのまま朝を迎えてしまいます。
そのため、頭がボーっとして仕事中にミスをすることが多くなり、いつか大きなミスをしてしまうのではないかと不安です。

さらに、休みの日は課題や研修に追われており、心身を休めることができません。
ぐっすりと眠れるようになりたいですが、睡眠薬を服用することは避けたいです。

Aさんの不眠の原因

仕事と勉強によるオーバーワークよって、カラダ・ココロが休まらず、うまくブレーキをかけられなくなったことが、不眠の原因のようです。
業務負担を軽くしてもらうために、上司に相談してみることも重要ですが、スグに業務が軽くなるとも限りません。
まずは不眠を改善して、カラダ・ココロを休める時間を作ってみませんか。

Aさんに提案したいこと

>> 続きを読む
ページトップへ