お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】連続携行式腹膜透析法(CAPD)で最も適切なのはどれか。

Kango

【成人】連続携行式腹膜透析法(CAPD)で最も適切なのはどれか。

1.入浴はできない。

2.スポーツは制限なく行える。

3.低エネルギー食にする必要がある。

4.バッグ交換は通気のよい場所で行う。















―――以下解答―――

(解答) 3 

<解説>

1.(×)カテーテル周囲に感染徴候や創がないときは入浴できる。

2.(×)腹筋を圧迫したり、腹部に衝撃を与えるような運動を制限する。

3.(○)腹膜透析の場合は、透析液内に含まれている高濃度のブドウ糖の一部が腹膜を介して体内に吸収されるので、摂取エネルギーの制限が必要である。

4.(×)バッグの交換は感染が発生しない清潔な環境(空気の出入りや人の出入りが少ないなど)で行う必要がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ