お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2008年度(第97回)看護師国家試験 過去問題 午後52

Kango

【成人】58歳の男性。会社役員。妻と子どもとの3人暮らし。出勤途中の電車内で意識消失し、けいれん発作を起こして搬送された。検査の結果、脳腫瘍の疑いで入院した。入院後、頭痛と嘔吐があり、頭蓋内圧亢進症状が認められた。起こりやすいのはどれか。

1.徐脈

2.体温低下

3.血圧低下

4.呼吸数増加















―――以下解答―――

(解答)1  

<解説>

脳圧亢進時に起こりやすい症状は、徐脈、高熱、嘔吐、血圧の上昇、呼吸数減少などである。いずれも体温調節の中枢である間脳や、呼吸・循環・嘔吐中枢のある延髄が圧迫されて起こる症状である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策