お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】呼吸停止した60歳代の男性に気管挿管を行うこととなった。挿管時の介助方法で正しいのはどれか。

Kango

【成人】呼吸停止した60歳代の男性に気管挿管を行うこととなった。挿管時の介助方法で正しいのはどれか。

1.挿管前に義歯がないことを確認する。

2.スタイレットは気管チューブの先端から1cm長めにする。

3.気管チューブのカフには精製水を注入する。

4.気管チューブの挿入位置は胃泡音で確認する。

―――以下解答―――









(解答) 1 

<解説>

1.(○)義歯は気管挿管時、喉頭鏡によって破損し、場合によっては気管に入ることもあるため、確認し、はずしておく。 

2.(×)スタイレットは挿管時に気管チューブの形状を保つために挿入するが、気管を損傷しないために、気管チューブの先端より1cm短くする。

3.(×)気管チューブのカフには、空気を注入する。 

4.(×)気管チューブの挿入位置は、両肺野に聴診器をあて換気音で確認する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策