お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】非小細胞肺癌で化学療法を初めて受けた患者。治療開始10日目の血液データは、赤血球300万/μl、Hb11.8g/dl、白血球1,000/μl、血小板12万/μl、クレアチニン1.0mg/dlであった。この時期に最も注意して観察するのはどれか。

【成人】非小細胞肺癌で化学療法を初めて受けた患者。治療開始10日目の血液データは、赤血球300万/μl、Hb11.8g/dl、白血球1,000/μl、血小板12万/μl、クレアチニン1.0mg/dlであった。この時期に最も注意して観察するのはどれか。

1.色素沈着

2.尿量減少

3.感染徴候

4.出血傾向















―――以下解答―――

(解答)3  

<解説>

1.(×)色素沈着に関する情報はない。

2.(×)尿量減少に関する情報はない。

3.(○)白血球1,000/μlより、感染の危険性が高い。

4.(×)血小板12万/μlは基準値13万~40万を下回っているが、一般に出血傾向を示す5万を下回ってはいない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ