【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】特発性間質性肺炎の患者。毎日プレドニゾロンを30mg内服している。外来受診時に「この数日、目が少し痛いような気がして軽い頭痛もする。薬の副作用なのだろうか」と話した。視力の変化や眼瞼および眼球結膜に充血を認めない。対応で適切なのはどれか。

【成人】特発性間質性肺炎の患者。毎日プレドニゾロンを30mg内服している。外来受診時に「この数日、目が少し痛いような気がして軽い頭痛もする。薬の副作用なのだろうか」と話した。視力の変化や眼瞼および眼球結膜に充血を認めない。対応で適切なのはどれか。

1.プレドニゾロンの内服を中止して2、3日様子をみる

2.外出時に必ずサングラスをかけ強い光線を避ける

3.鎮痛薬を内服する

4.眼圧を測定する















―――以下解答―――

(解答)4  

<解説>

1.(×)プレドニゾロンの急激な中止は、副腎不全をまねく。徐々に減量する必要がある。

2.3.(×)頭痛・眼痛から、眼圧の上昇が考えられる。その場合、サングラスで眼を保護しても鎮痛剤を内服しても症状の改善は期待できない。

4.(○)ステロイド剤の副作用で眼圧が上昇している可能性がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ