お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】嚥下障害を評価する水飲みテストで正しいのはどれか。

【成人】嚥下障害を評価する水飲みテストで正しいのはどれか。

  1. 嚥下第3期を評価する

2.100mlの白湯を飲みほすのに要する時間を測定する

3.むせずに飲水できた場合には誤嚥はない

4.口角からの流出の有無を観察する















―――以下解答―――

(解答) 4 

<解説>

1.(×)水飲みテストは嚥下運動のうち、第1期(口腔期)と第2期(咽頭期)の機能を評価するものであり、第3期の食道期は評価の対象にはなっていない。

2.(×)水飲みテストでは、冷水3mlを嚥下する際の嚥下の有無、むせ、呼吸状態を評価する方法である。

3.(×)むせずに飲水できたとしても、誤嚥がないとは断定できない。

4.(○)嚥下運動のうち第1期を評価するために口角からの流出を確認することは適切である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ