【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】右大腿動脈からの肝動脈塞栓術施行後の対応で適切なのはどれか。

【成人】右大腿動脈からの肝動脈塞栓術施行後の対応で適切なのはどれか。

1.右足背動脈を触知し拍動を確認する。

2.施行後24時間は絶対安静とする。

3.施行当日の発熱には抗菌薬が投与される。

4.鎮痛薬は肝臓への負担があるため使用できない。















―――以下解答―――

(解答)1  

<解説>

1.(○)右大腿動脈の圧迫が循環障害を起こしていないか確認するために、右足背動脈を触知し拍動を確認する。

2.(×)施行後は止血が確認されるまで穿刺した右大腿の安静が必要だが、24時間の絶対安静は不要である。

3.(×)感染を予防するために抗菌薬は当日だけでなく数日投与する。

4.(×)鎮痛薬の使用は、肝機能に応じて判断される。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ