お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2009年度(第98回)看護師国家試験 過去問題 午後97

Kango

【成人】53歳の男性。営業職の会社員。喉頭癌の診断を受けた。医師から、声帯への浸潤と両側の頸部リンパ節転移とがあり、治療法として喉頭全摘術、放射線照射および化学療法があることが説明された。翌週、妻と再度受診し治療方針を決めることとなった。患者は妻に伴われ受診し、病状から手術療法が勧められた。「手術で声が出なくなるなんて、どうしたらよいのだろう。仕事はできなくなるし」と不安そうである。妻は「夫は最近ふさぎ込み、よく眠れないようです。がんのことも、今の夫の状態も心配です」と話した。

夫婦への対応で最も適切なのはどれか。

1.「この際思い切りも大切ですよ」

2.「奥さんはもっとご主人を励ましてください」

3.「手術のことはしばらく考えないようにしましょう」

4.「補助具で発声できますから前向きに捉えてみましょう」















―――以下解答―――

(解答)4  

<解説>

1.(×)患者の悲しみや不安を受け止めていないので適切ではない。 

2.(×)励ましでは不安は緩和されないと思われる。

3.(×)現実からの逃避を促す働きかけである。不安をむやみに長引かせるだけなので適切ではない。

4.(○)術後は声が出なくなるという不安に対し、人工喉頭という補助具により対処できるという方法を伝え、希望をもたせているため適切である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策