お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2011年度(第100回)看護師国家試験 午前102

Kango

【成人】Aさん(28歳、女性)は、サーフィンが趣味で休日は海岸にいることが多い。Aさんは数か月前から前胸部や腕に皮疹がみられ、日焼け後の疲労も強くなり、先月からサーフィンに行くことができなくなっていた。また数週間前から関節痛、微熱、倦怠感があり、2日前から39℃台の発熱が続いたため受診した。血液検査等の結果、全身性エリテマトーデス〈SLE〉を疑われ、緊急入院になった。

Aさんの病状が進行したため、メチルプレドニゾロンによるパルス療法が開始された。Aさんのパルス療法による副作用への看護師の対応で適切なのはどれか。

1.病室の外でのマスク着用を勧める。

2.水分摂取は800ml/日にする。

3.かつらの販売業者を紹介する。

4.口すぼめ呼吸法を勧める。















―――以下解答―――

(解答) 1 

<解説>

1.(○)メチルプレドニゾロンを大量に用いるため、免疫が抑制され、易感染状態にある。マスクの着用は必要である。

2.(×)腎機能障害などの副作用はないため、副作用への対策としての水分摂取は行わない。

3.(×)脱毛の副作用はない。

4.(×)呼吸器障害の副作用はない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ