お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【成人】出血性ショックになる危険性が最も高いのはどれか。

Kango

【成人】出血性ショックになる危険性が最も高いのはどれか。

1.頸椎骨折

2.肋骨骨折

3.腰椎圧迫骨折

4.骨盤骨折















―――以下解答―――

(解答)4  

<解説>

1.(×)頸椎骨折では、頸髄損傷を起こしやすい。頸髄損傷の場合は、神経原性ショックといい、感覚神経・運動神経・自律神経が機能不全に陥る。自律神経の機能不全はショック症状を引き起こす。

2.(×)肋骨骨折の場合は、骨折片が肺を損傷する危険性がある。

3.(×)腰椎圧迫骨折では激しい腰痛が出現するが、出血性ショックはみられない。

4.(○)骨盤骨折では骨盤静脈や仙骨静脈の損傷が原因で、出血性ショックに陥る危険性が高い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ