お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

看護師国家試験 過去問集 第98回(2009年度) 午前 第104問

Kango

【成人】48歳の男性。職場の健康診断で大腸癌が疑われ来院した。検査の結果、下部直腸に腫瘍があり、低位前方切除術が施行された。術前に自覚症状はなく、入院や手術は初めての経験であった。腔内に留置している閉鎖式ドレーンから褐色で悪臭のある排液が認められた。

考えられる状態はどれか。

1.腸炎

2.腸閉塞

3.縫合不全

4.術後出血






























―――以下解答―――

(解答)3  

<解説>

1.(×)腸炎では腹痛や下痢がみられる。

2.(×)腸閉塞では、排ガスの停止、腹痛や腹部膨満がみられる。

3.(○)閉鎖式ドレーンから褐色で悪臭のある排液が認められたということから感染が考えられる。

4.(×)術後出血は術後24時間以内と、縫合不全に伴い術後5日目頃に発症する場合があるが、一般に悪臭は伴わない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策