お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

2012年度(第101回)看護師国家試験 過去問題 午後94

Kango

【成人】Aさん(52歳、男性)は、2か月で体重が7kg減少した。2か月前から食事のつかえ感があるため受診した。検査の結果、胸部食道癌と診断され、手術目的で入院した。入院時の検査データは、Hb9.5g/dl、血清総蛋白5.4g/dl、アルブミン2.5g/dl、AST(GOT)24IU/l、ALT(GPT)25IU/l、γ-GTP 38IU/l、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl、プロトロンビン時間82%(基準80~120)であった。

Aさんの状況で術後合併症のリスクとなるのはどれか。

  1. 出血傾向

  2. 腎機能障害

  3. 低栄養状態

  4. 肝機能障害

―――以下解答―――









(解答)3  

<解説>

1.(×)プロトロンビン時間は正常であり、出血傾向はない。 

2.(×)BUNは軽度高値であるが、クレアチニンは正常であり、腎機能障害はないと判断する。 

3.(○)血清総蛋白・アルブミンともに低値であり、低栄養状態と判断できる。 

4.(×)AST、ALT、γGTPは正常であり、肝機能障害はないと判断できる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ