お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】出生時身重3,050gの正期産児。新生児期に最もチアノーゼを生じやすい先天性心疾患はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【小児】出生時身重3,050gの正期産児。新生児期に最もチアノーゼを生じやすい先天性心疾患はどれか。

1.卵円孔開存症

2.心房中隔欠損症

3.心室中隔欠損症

4.ファロー四徴症

―――以下解答―――









(解答)4  

<解説>

1.(×)卵円孔は胎児循環に必要だった短絡の一つである。通常は左→右シャントであり、チアノーゼは出現しない。

2.(×)心房中隔欠損症では、左心房から右心房への動脈血の逆流が起こる。小児期はほとんど無症状である。

3.(×)心室中隔欠損症は通常は左→右シャントであり、チアノーゼを伴わない。

4.(○)ファロー四徴症は心室中隔欠損、肺動脈狭窄、大動脈騎乗、右心室肥大の4つの異常が重なった先天性疾患である。ファロー四徴症の場合には肺血流量が減少し、チアノーゼ・無酸素発作を起こす。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策