お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】免疫機能の加齢変化で正しいのはどれか。

【老年】免疫機能の加齢変化で正しいのはどれか。

  1. T細胞数は減少する。

  2. 胸腺組織は肥大する。

  3. ストレス耐性は変化しない。

  4. 副腎皮質刺激ホルモンは低下する。

―――以下解答―――









(解答)1  

<解説>

1.(○)T細胞は加齢とともに減少する。

2.(×)胸腺は思春期までは発達するが、以降は急速に退化して高齢者では痕跡程度になる。

3.(×)加齢とともに寒冷刺激や出血などの身体的ストレスや心理的ストレスの耐性が低くなり、疾患に罹患しやすくなる。

4.(×)加齢とともに副腎の機能が低下し、副腎皮質ホルモンは減少する。これを受けて上位ホルモンである副腎皮質刺激ホルモンが増加し、副腎皮質ホルモンの分泌を促している。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ