お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】老年期の加齢に伴う記憶の変化で正しいのはどれか。

【老年】老年期の加齢に伴う記憶の変化で正しいのはどれか。

  1. 長期記憶から低下する。

  2. 行動上の障害を伴うことが多い。

  3. 物忘れがあることを自覚していない。

  4. 体験そのものではなく体験の一部を忘れる。

―――以下解答―――









(解答)4  

<解説>

1.(×)老年期の記憶は、何度も繰り返すことで情報がしっかりと刻みつけられた「長期記憶」より、一時的に情報を保持する「短期記憶」から低下するといわれる。

2.(×)社会生活に影響を与えるような行動上の障害を伴うことはない。

3.(×)加齢に伴う生理的な物忘れは常に自覚を伴う。

4.(○)生理的な物忘れは、体験のうち日付や名前など一部分を忘れてしまうことが多い。一方認知症では体験そのものを忘れてしまい、社会生活や日常生活が営めなくなる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ