お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【老年】70歳の女性。歩行時に膝関節の疼痛と熱感が出現したため受診し,膝関節症と診断された。疼痛緩和に対する外来看護師の指導で適切なのはどれか。

Kango

【老年】70歳の女性。歩行時に膝関節の疼痛と熱感が出現したため受診し,膝関節症と診断された。疼痛緩和に対する外来看護師の指導で適切なのはどれか。

  1. 「膝に温湿布をしましょう」

  2. 「積極的に膝を動かしましょう」

  3. 「痛みを我慢しないで早めに薬を飲みましょう」

  4. 「痛みがとれるまで横になっていましょう」

―――以下解答―――









(解答)3  

<解説>

1.(×)膝に熱感があることから、温湿布ではなく冷湿布での対処が適切である。

2.(×)膝に炎症が生じていることが考えられるため、必要以上に膝を動かすのは避ける。

3.(○)痛みのために歩行が妨げられると、筋力低下により膝の痛みが増強する。薬物療法により疼痛を緩和して、歩行ができるようにすることが大切である。

4.(×)筋力低下を招くので好ましくない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ